座禅したら世界が変わった

座禅を生活に取り入れてます。仕事に活かせるマインドフルネスをお届けします

「苦しみ」とは「自分の思い通りにならないこと」である

f:id:kuriedits:20170705214056j:plain

 

6月中旬の紫陽花(アジサイ)です。

この日は複数の寺の住職が集まり、一般向けに短い説法を行うイベントがありました。印象に残った話を紹介します。

 

「苦(苦しみ)」とは一体何でしょうか。

仏教では、苦とは”自分の思い通りにならないもののこと”と考えます。

その思い通りにならないもののお陰で、この今の自分があるのです。

兄がいるから弟になれる。

妻がいるから夫になれる。

部下がいるから上司になれる。

他のおかげで自分がある。だから、”お陰様”の心を持つことが大事ということです。

 

心にしみました。「苦」の定義が簡にして要ですし、他人がいるから自分があるというのも、なるほどその通りです。

ぼくは会社で20名弱の社員をまとめる”上司”という立場にいます。苦労すること、嫌なこと、たくさんあります。ですけど、彼らが部下でいてくれるからこそ、ぼくは上司という役割と職権と、貴重な経験を与えられているわけです。

部下がいるから上司でいられる。なんともありがたいことだなと思いました。