座禅したら世界が変わった

座禅ビギナー。座禅をしたら世界が変わって見えました。

心配で仕事に集中できない時の「而今」

f:id:kuriedits:20170810201158j:plain

写真は7月。

今日は近所の書店で座禅関係の本をパラパラめくっていたら、

而今(にこん)」という禅語が紹介されていました。

過去でも未来でもなく、「今」に集中するという意味だそうです。

 

座禅をするときに、老師から似たようなことをよくいわれます。

仕事をしている最中に、ふと別の案件や心配事が気になって、

目の前の課題に集中できなくなることってありませんか?

そんなときに、この「而今」を思い出してみてはいかがでしょうか。

 

以前、座禅会の参加者が、

「座禅中に鳥の声や風がとても心地良く、『ああ、気持ちいいなあ』と思ったりするのですが、これでいいのでしょうか」

と老師に訊ねたことがあります。老師は言いました。

「鳥がチュンチュンと鳴けば『ああ、鳥がチュンチュンと鳴いたな』と。風が吹けば『風が吹いたな』と。それだけでいいんです」

 

「物事を解釈せずに、そのまま受け入れろ」

ってことなのだと思います。

鳥のさえずりを聞いて「もう夏だな~」とか、

風を感じて「今日は涼しいな~」とか、

そういう気持ちは、今この瞬間に集中する上では不要です。

 

心配事があって仕事に集中できないときは、

「自分には心配事があるんだな」と受け入れながら、

それ以上は考えないようにしたいですね。

 

ところで、而今という言葉を知ったとき、

ひょっとしてカメラメーカーの「NIkon」は、

ひょっとするとこの禅語が由来じゃないかとググってみましたが、

残念ながら関係はありませんでした。

Nikon | 投資家情報 | よくあるご質問