瞑想したら世界が変わった

座禅を生活に取り入れてます。仕事に活かせるマインドフルネスをお届けします

お寺で見つけた”お地蔵様カラーコーン”の効用

f:id:kuriedits:20190328181810j:plain

きのう、お寺の境内で見つけました。お地蔵様の形が取られた三角コーンです。 

こんな風変わりなコーンを見たのは初めてです。

突如現れた地蔵コーン。

一体だれが?何のために?

 

調べてみると、あるアーティストさんが数年前に作った作品であることがわかりました。

カラーコーンが地蔵に?SNSで反響の「地蔵コーン」作者が語る風景との調和美/オリコンニュース https://www.oricon.co.jp/special/52270/

取材記事では、作者がこの地蔵カラーコーンを作った理由を次のように語っています。

日本では仏教が伝来したとき、地蔵は土着の道祖神信仰と習合して『道の守護者』という捉え方をされました。道ばたや、村の境界に置かれてきたのも、カラーコーンの役割に似ているなと思いました。

なるほど、なるほど。カラーコーンは大事な役割をしているわりに、そっけないデザインですよね。

なんとこの作品はメルカリで買えるそうです。いま調べたら1本11,000円でありました。ふつうのカラーコーンは1本1000円位で売られています。

 

さて、この芸術品?をスマホで写真におさめて家に帰った私は、さっそく奥さんに報告しました。

「ねえねえ、こんなおもしろいカラーコーンがあったよ」

すると奥さんは笑って言いました。

「へえ、なるほどね、そういうデザインにしたら、蹴られたり、盗まれたり、イタズラされずに済みそうだものね」

なるほど。全然気づきませんでした。作者の意図とは異なるかもしれませんが、駅前など人通りが多い所にこうしたデザインのカラーコーンを置くことは、防犯の上でも効果的かもしれません。

でも、本当は、地蔵の形をしていても、していなくても、ものは大切にしないといけないですよね。すべてのものには、その中に地蔵が入っていると想像したら、もっといろんなものを大事にできるのかもしれません。

カラーコーン、意外と深かった・・・。

 

この日は桜を見に行ったのでした。東京はほぼ満開だそうですが、この場所は冷えているせいか、まだ5分咲きでした。 

f:id:kuriedits:20190328181704j:plain