てらがよい日記

お寺という名の異世界に通って感じたこと

典座教訓によれば、ナスも龍もわたしも同じかもしれない

f:id:kuriedits:20200720152046j:plain

今年初のセミの鳴き声を聞きました。ようこそ、夏。といっても、まだ梅雨も明けてませんけどね。

でも、1ヵ月半ぶりくらいに寺近くの市場に野菜を買いに行ったら、ナスとトマトだらけでした。

ナスナスナスナストマトトマトトマトトマトみたいな。

太っちょのナス、白いナス、長っぽそいナスなど、何種類ものナスがあったので、いくつか買ってみました。長細いのはヒモナスというそうです。二つ絡ませたら龍みたいになりました。龍ナスです。

最近、野菜を買って料理をします。ときどきですけどね。楽しいです。料理も楽しいですし、食材を選ぶのも楽しいです。禅宗のお寺では炊事係は「典座(てんぞ)」と言います。料理も大事な修行の一つと考えられており、曹洞宗を開いた道元は『典座教訓』という書を残しています。食も仏道も同じだよ、みたいなことが書かれていますが、その書きぶりたるや半端じゃありません。

例えば、こんな感じです。

『わずか一本の茎、葉とはいえ、荘厳な大寺院隣、たとい小さな根っ子、米粒でもお釈迦さまの大説法と変わらないのだ』(訳:藤井 宗哲)

え〜〜〜どんだけよ〜〜〜〜って感じですね。

それからこんなことも。

『典座というのは、一日中いかにして、その食材をどう生かしきるか、皆がいかに満足してくれるか、心をその一点に込め、ただひたすらに、煮たり炊いたりするだけだ。忘己利他、我をなきものにして、人々に心豊かになってもらう。この専一道心のみである』(訳同) 

これもなかなかハードル高いですね。ちょっとわたしはその境地にはいません。典座を務め食に通じていた故・藤井宗哲氏は著書「道元『典座教訓』」の中で、「食材を料理するのではない。宇宙と一体のわれを料理するのだ」と表現しています。

これはちょっとわかるかも・・・。料理している時って、けっこう無心で心地よいんですよね。ナスも、ナスが形を変えた龍も、それを料理するわたしも、料理している時は融解して同一になっているのかもしれません。

 

 

寺でデスクワーク「寺マック」体験の収穫

f:id:kuriedits:20200622233446j:plain

テレワーク需要で、寺をワーキングスペースとして提供する試みが出始めています。

例えばシェアウィングという会社は、新たなライフスタイルとして『お寺ワーク』を提案し、6月22日から予約サイトでの受付を開始しました。

あなたの仕事場にお寺という選択肢を|お寺ワーク |

寺でワークとか、どんな感じなんでしょう。気になります。

というわけで、わたしも寺にマックPCを持ち込み一日過ごしてみました。人生初の「寺マック」です。

結論から言うと、とても良かったです。一度は体験してほしい。

座布団に座って作業をしました。写真はそこから眺めた風景。最高すぎます。

とにかく静か。涼しい。鳥の鳴き声が心地よい。

5〜6時間座りました。ちょっと足が痛くなりましたけど、新鮮さに満足です。

環境が最高すぎて逆に誘惑される・・・。

気が散ったら境内を散歩。途中で坐禅もしました。

一番の収穫は、座布団座りの良さの発見です。

背筋がスーッと伸びて良いです。

あぐらで座り、お尻は坐禅時のようにちょっと高くします。

そうすると、正座のように足が痛くなりません。

家でも坐禅用の座布団に座って作業することにしました。

わたしは普段はスタンディングデスクでパソコン作業をしているのですが、

座布団の方が良い姿勢が長く保たれるような気がします。

うん、これはいい。

寺にいる時間だけでなく、寺から帰った後も生活に変化を与えてくれます。

それが寺のいいところです。

誰もいない寺でゴロゴロ〜っとする

f:id:kuriedits:20200603212714j:plain

2ヶ月ぶりに寺に行きました。ようやく閉門が解除されたのです。

ところが、さー坐禅するぞ!と思ったら、単布団がありません。コロナウイルスの影響で、単布団が撤去されてました。

な・・・なんと。単布団があっても、どうせ坐禅する人なんてほとんどいないのになあ・・・。

この数年、坐禅会以外でもふらっと寺に行って坐禅してきて、

わたし以外に坐禅をしてる人なんてほっとんど見たことありません。

まあ、仕方ないですね・・・。

しょうがないから、正座で坐禅しようとしたのですけど、

10分くらいで足が痛くなってしまいました。

誰もこないので、一人でごろ〜んと大の字になって寝転びました。

畳がちょっと湿っていました。最近、湿度高いからかな。

ちょっとドキドキしながら、天井をぼーっと眺めていると、なんだか我が家みたい。

久しぶりのお寺、気持ちよかったです。

市場でレモンバームとズッキーニ、パン屋で自家製食パンを半斤買って帰りました。

レモンバーム、美味しい。

疲れをソーシャルディスタンスする方法があります

f:id:kuriedits:20200521181026j:plain

このウサギみたいに、なんだかダル重〜〜〜な疲れこそ、坐禅の出番だと思います。

坐禅の良いところは、日常生活の色々から、いったん自分を切り離せることです。世俗の摩擦からソーシャルディスタンスできます。

基本的には坐るだけでいいのですけど、個人的には次のような思考を持つことで、ソーシャルディスタンスがうまくいきます。

わたしが何者であるかは他人が決めることであって、わたしはわたしが何者でもないわたしであることを常に意識しよう。

わたしは路傍の石のようなものであることを意識しよう。

仕事のキャリアも同じことで、薬剤師になることも、ならないことも、大成することも、モブになることも、道端の緑が芽吹き育ち落葉するような、そんな些細なことであることを理解しよう。

よろしければ試してみてください。坐禅は思考を柔くしてくれると思ってます。

「三密」は密教の最終奥義である

f:id:kuriedits:20200426121722j:plain

小池東京都知事コロナウイルスの感染防止のために「三密」を避けることを呼びかけました。

小池知事の指す三密とは、密集・密接・密閉のことです。

さて、この「三密」という言葉は、仏教の用語としてあることをご存知でしょうか。

空海が開いた「真言宗密教)」に「三密」があるのです。

小池知事が知っていたかどうかは知りませんが、真言宗における3つの密とは「身」「口」「意」です。

真言宗金乗院は三密を次のように説明しています。

三密の修行とは、 ・身密(身体・行動) ・口密(言葉・発言) ・意密(こころ・考え)を整えることです。 「行動・言葉・こころ」の3つを整えることで、自分自身が仏さまであることに気付き、 「生きたまま仏さまになる、即身成仏(そくしんじょうぶつ)」を達成するのです。

先日、私がニコニコ動画のテクノ法要を聞いていると、蝉丸P氏という禅僧が、

真言宗で三密というのは『悟りを得るための最終奥義』みたいなものだから、三密を避けようと言われると戸惑う(笑)」

というようなことを(正確には覚えてませんが)おっしゃっていました。

今世間では三密が不吉な言葉として使われていますが、真言宗では悟るための重要なキーワードのようです。今の時期であれば、さしずめ、

意密:家にいようと考える

口密:家にいます!と口にする

身密:実際に家にいる

といったところでしょうか。

外出時は密集・密接・密閉を避けつつ、自宅では三密修行を心がけたいと思います。

「わたしは治るのでしょうか?」の答え

f:id:kuriedits:20200417193948j:plain
コロナウイルスの感染防止のため、外出自粛しています。家にいるしかないので本を読んでいます。

今日読んだのは『不安でたまらない人たちへ』(ジェフリー・シュウォーツ)です。

タイトルからはわかりにくいのですけど、強迫性障害の行動療法について書かれた本です。

 強迫性障害(OCD)とは、例えば手が汚いという脅迫的な気持ちが沸き起こり何度も手を洗ってしまったり、

閉じたはずの家のドアや火の元栓を何度も確認せずにはいられなかったりする病気のことです。職場の勉強の一環として以前購入しました。

本書の中で、とても興味深い一節がありましたので、ちょっと長いのですが引用します。

とりわけ治療の初期によく出る質問がある。「わたしは治るのでしょうか」という問いだ。これまで、勇気ある患者さんの例で説明してきたとおり、かならず治るとは断言できないし、治るという言葉の意味が二度と症状が出ないということなら、なおさら保証はできない。だが治るというのが、二度と症状に怯えて逃げたり、OCDという暴君に人生を翻弄されたりしなくなることを意味するのなら、基本的にはすべてのひとが治る可能性をもっている(これはまちがいない。OCDが治った例をたくさん見てきたわたしとしては、これを疑うことはできない)。

治らない病気というのは、この世の中にたくさんあります。多くの場合で、病とうまく付き合っていくしかありません。

思えば、怒りとか恐れとかそういうあまり歓迎されない感情も、

生きている限り心に生まれてくるものです。

坐禅をすると怒りや恐れがなくなる、というイメージがあるかもしれません。

残念ながら、坐禅で怒りは消えないと思います。

ただ、先述の著者の言葉を借りるなら、

怒りや恐れに翻弄されにくくなる。

その意味であれば、坐禅は確かに効果があると思います。

怒りや恐れは生きていく上で大切な感情です。

その感情を捨てるのではなく、それによって身を滅ぼさないようにする。

坐禅はとても合理的な処世術だと思います。

外出自粛でウツウツならカンタン坐禅に挑戦してみたら?

外出自粛で暇を持て余しているなら、坐禅を試してはどうでしょう。

坐禅をすると頭がスッキリします。

坐禅のやり方をやさしく解説した動画がありましたので紹介します。

こちら。

www.youtube.com

 

さて、今回は、いま家にあるものを使ってすぐにできる、

わたし流のカンタンな坐禅のコツを紹介します。

 

用意するものクッションだけ。なければ座布団。

服装ジーンズなど密着性の高い服でなければなんでもOK。裸でもぜんぜん可。靴下は脱ぐ。

所要時間10分

 

坐禅というと、心を無にしなきゃいけないという印象があると思いますけど、

これちょっと誤解だと思います。

心を無にすることをいきなり目指すことはしません。

凡人には無理だし。そんなミスターポポみたいなことできるわけないし。

坐禅には「調身調息調心(ちょうしん・ちょうそく・ちょうしん)」という言葉があります。

体を調(ととの)えると、呼吸が調い、そして心が調うという意味です。

ここでのポイントは「体を調える」ことが一番目にくるということです。

まず、体を調える。そうすると、呼吸が調う。心がくるのは実は最後なんですね。

これは坐禅の特徴をとても上手に表現していると思います。

「心」ではなく「形」から入る。これが坐禅を成功させるコツです。

 だから体を調えて呼吸が調えさえすれば、

坐禅はほとんど完了したようなものです。

 

体を調えることも、別に難しい作業ではありません。

まず、クッションの上に座ります。クッションの高さはそれなりにあったほうがいいでしょう。クッションを2つくらい重ねてもいいです。座布団なら二枚折にします。座り心地がよければなんでもOKです。

それから、片方の足を、もう片方の足の付け根に乗せます。もし股関節が柔ないなら、さらに片方の足も、同じように別の足の付け根に乗せます。

見た目はあぐらですけど、これが坐禅の座り方です。よくわからなかった、ただのあぐらでもOKです。

続いて、姿勢の取り方です。背筋を伸ばします。お腹をグッと前に突き出します。

そして、頭の頭頂部と天井に糸を張って、頭が糸で釣り下がっているようなイメージをします。あごは上を向かないように、少しだけ引きます。

よくわからない人は、まずあぐら状態から左手を正面の床につけ、右手の甲を後ろの腰部分につけて、自然な感じで前かがみの姿勢を取ってください。

そして、右手は腰の部分につけたまま、左を床から話してゆっくりと上体を起こします。これが大体正しい腰の立て方です。

 

手の組み方は、「法界定印(ほっかいじょういん)」という正式な組み方がありますが、別になんでもいいです。

大事なのは手の組み方よりも、むしろ手を組む位置です。おへその下あたりに両手を置きます。

あぐら状態の足の付け根に、ストンと置くとラクです。両手は浮かさない方がいいです。疲れるから。組んだ手はできるだけお腹につけます。そうすると、肩が外側に開きやすくなり、まっすぐな姿勢を維持しやすくなります。

よくある失敗は、肩が内側に入っている状態です。肩が内側に入っているのは猫背です。肩は少し後ろにそらし、胸がちょっとだけそらすようなイメージを持ってください。

とにかく猫背はダメ絶対。逆に言えば、猫背じゃなければ、まあ、大体なんでもOKです。

 

呼吸です。これもなんでもいいです。鼻から吸って鼻から出してもいいし、口から出してもいいです。腹式呼吸を意識してください。ゆっくり大きく息を吸って、空気がお腹の下の方までおろしていくイメージです。呼吸で大事なのは「呼」よりも「吸」です。吸い方に気を払ってください。

 

あとは、この状態で10分間耐えます。本当は40分ほど坐るのですが、いきなりは無理ですし、10分くらいでも効果は実感できます。

最初は10分だけでも辛いと思います。腰も膝も背中も痛くなるかもしれません。持病が悪化するとよくないので無理はしてはいけないのですが、「痛いから」という理由で途中でやめてしまうと、うまくいきません。

もし痛みがあるようなら、痛くない座り方をしてみてください。

極論を言えば、背筋がピンとして、呼吸が深く大きくなっていれば、あとは10分間我慢すればいいんです。椅子に座っていてもいいんです。

10分くらいやっていると、体が自分のものじゃないような感覚になると思います。

心がふわふわして、ひょっとしたら気持ち良さを感じるかもしれません。そしたらしめたものです。

30分ほどの仮眠をとったかのように、気分がスッキリすると思います。

 

なんだかんだで長くなってしまいましたが、ぜひお試しを。 

わたし流の「簡単坐禅術」でした。あくまで”わたし流”ですので、悪しからず。