瞑想したら世界が変わった

座禅を生活に取り入れてます。仕事に活かせるマインドフルネスをお届けします

全国でも珍しい禅の博物館「駒澤大学 禅文化歴史博物館」に行ってきた

f:id:kuriedits:20190314180111j:plain

日本の禅の歴史を学べる『禅文化歴史博物館』に行ってきました。仏教に関する資料館や展示会は国内に数あれど、こと『禅』に特化した博物館は全国でも珍しいでしょう。一度は行きたいと前々から思っていました。

禅文化歴史博物館は東京目黒区の駒澤大学の敷地内にあります。駒澤大学の前身は、明治15年に開校した曹洞宗大林学専門学校です。もともとは文禄元年(1592年)までさかのぼる、曹洞宗が禅の研究と実践を行う学校だったそうです。そのため総合大学となったいまでも『仏教学部禅学科』というユニークな学科があります。卒業すると学士(禅学)が得られるそうです。

www.komazawa-u.ac.jp

・・・というような歴史を知ったのは今日の事ですが、まあ、禅文化歴史博物館は以前から興味がありまして、本日は御日柄もよく絶好の訪問日和となりました。大学に隣接する駒沢オリンピック公園は歩いてて気持ちよかったですね。

 

さて、禅文化歴史博物館。”博物館”というにはやや大げさな小ぶりの建物ですが、資料は充実しています。国内の禅の歴史、曹洞宗の歴史、さらに禅と茶道・華道・庭園・水墨画、文学など禅とその周辺文化が広く紹介されていました。

個人的には次のエピソードがおもしろかったですね。

日本の代表的な調味料である味噌と醤(醤油の原型)は、中国、朝鮮から伝わり、8世紀ごろには日本でも製造されていた。日本国内で定着し普及したのは、無本覚心(1207~98)が浙江省杭州の径山寺(きんざんじ)で造法を修得したという世に言う金(径)山寺味噌である。

 

水墨画は)外面的な形似を否定し、対象の本質を内面的にとらえたものである。また水墨画には、下書きがなく、精神を集中して構図を決め、気を満たして一気に書き上げる。この姿勢は、禅の教義と相通ずるものがあり、日本の禅林で大いに受け入れられた。

禅と文化の関係が多岐にわたって解説されているので、新しい分野に興味を持つことができると思います。

館内には木魚や鐘が展示されていて自由に鳴らすことができます。今日は私以外の入館者がいなかったので、1人でひたすら木魚を鳴らしました。ぽくぽくぽくぽく・・・・叩き放題です!

これから春に近づくにつれて、お隣の駒沢公園は190本のソメイヨシノサトザクラなどが咲く桜の名所になります。お花見ついでに禅文化歴史博物館まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?入館無料。もちろん学外のどなたでも利用できます。

www.komazawa-u.ac.jp

f:id:kuriedits:20190314180141j:plain

『超越と実存』を読みながら思った「『言語化スキル』は本当に重要か?」

 

超越と実存 「無常」をめぐる仏教史

超越と実存 「無常」をめぐる仏教史

 

言語化スキル」の過大評価

ものごとを言葉にする、いわゆる「言語化」というビジネススキルが、仕事をする上で役立つことは言うまでもないでしょう。

モヤッとした感情や状況を言語化することで、物事の論点がハッキリして、的確な指示や解決策が出せるようになります。

私は大学卒業以来、いちおう”言葉”を生業とする仕事をしてきましたので、言語化という作業が苦痛ではありません。職場でも、言語化が大好きで得意な人たちと仕事をしてきました。

ところが、あるときから、言語化を得意としない人たちと仕事をするようになり、とても戸惑い苦労したことがあります。「言語化の重要性はビジネスパーソン共通の考え」だと思っていました。しかし、そうではない。言語化に価値を置かない人たちが沢山いることを知りました。しかも彼らの仕事の能力は低いわけではなく、極めて高いこともあります。『言語化できることと、職能の高さは、まったく比例しない』ことを痛感すると同時に、私自身が「言語化スキル」を過大評価していたことに気づきました。

言語化の価値が落ちていく

ここ数年、坐禅をするようになり、私の中で言語化という行為の価値がじわじわと落ちています。坐禅は語るものではなく実践するものです。坐禅をいくら語ったところで、実際にやってみなければその価値はわかりませんし、またその価値を言語化したところで、坐禅の実践者にとってはあまり意味がないと感じます。

さて、今回、現役僧侶の南直哉さんの著書『超越と実存―「無常」をめぐる仏教史』(小林秀雄賞受賞)を読み「言語化」について考えさせられました。

南さんは、道元の『正法眼蔵』の一説、

仏道をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふといふは、自己をわするるなり」

を紹介し、その意味を次のように説いています。

我々の「問い」は、「〇〇とは何か」となされるのではなく、それが「何かわからない」ままに、「〇〇はどのようにあるのか」となされなければならない。このことを、右に引いた正法眼蔵の引用文は言っているのだ。「自己をしるなり」ではなく「自己をならふなり」とあるのは、自己が「何であるか」ではなく、「どのようにあるのか」、その在り方を仏教の実践として習得すべきことを教示しているからである。

「何であるかわからないもの」とはすなわち、「そのようにある」根拠を欠くものである。それはまさに「無常」として、根拠を欠いたまま存在する事実、すなわち「実存」を意味することになる。

これはヨーロッパ発祥の哲学『実存主義』『現象学』に関わる考え方だと思うのですが(学生時代に何冊か読みましたが覚えてません)、それを坐禅という私が興味を持つフィールドで語ってくれているので、親しみを持ちながら読むことができました。

 

本書は仏教史を超越と実存で語るという試みです。思考を刺激する論が次々と登場し、読み応えがありました。

坐禅に興味がある人におすすめの一冊です。

ブッダの没後を描いた『まんが大乗仏教』は手塚治虫先生を超えたかもしれない

まんが大乗仏教 インド編・西域編

まんが大乗仏教 インド編・西域編

 

先日25日はブッダが亡くなられた日だったそうです。ツイッターでたまたま知りました。ちょうど『まんが大乗仏教』という本がkindle Unlimitedで無料で読めたので、試しにダウンロードして読んでみたところ、良い意味で俗な内容といいますか、妙にリアルといいますか、おもしろすぎて仏教徒ではない私(無宗教)でさえ一気に読み終えてしまいました

私の中では手塚治虫ブッダ』を超えてしまったかもしれません。

今回はこの『まんが大乗仏教 インド編・西域編』の序盤のハイライトをご紹介します。

 

物語はブッダが亡くなるところから始まります。多くの弟子たちに看取られながらの入滅と共に、大地は震動し花が咲き乱れます。教科書にでてくるような”いかにも”な展開です。が、物語はここから一気にリアルワールドに突入します。まず、ブッダが亡くなった直後、わずか4ページ読み進めた段階で、

なんで嘆くことがある。あの口やかましブッダが亡くなったのだ。これからはみんな自由な振る舞いができる。けっこうなことではないか

というヤバい弟子が登場します。まあ・・・絶対いたでしょうね、こういう人。早くも平和崩壊の兆しでドキドキします。

さらに、ブッダが入滅した国に向けて各国から集まった王たちが遺骨の分配を迫ります。「ご遺骨は他国に譲るわけにはいかない!」「そこをなんとか」「いや、こればっかりは譲れぬ!」「わからずやめ!わしは力ずくでもご遺骨を持ち帰るぞ!」と、慈悲も平等もないやり取りが繰り広げられます。老いた僧が仲裁に出て「遺骨で争うのはブッダの教えに背きます」とその場を鎮めますが、早い者勝ちです。火葬に遅れて参加した民族は、遺骨の分配にありつけず「もうご遺骨はないぞ。ああ・・・」とうなだれ「せめて灰だけでもいただいていこう」と言って灰をかき集めて国に帰っていきます。その姿の寂しさといったらありません。

 

ブッダの教えを勝手に解釈して言い回る者も出てきます。年長の僧たちは「今後も自分勝手な解釈をする者が出てくれば、教団はバラバラになり、ブッダの教えは滅びてしまうだろう!」と危機感を覚えます。そこで彼らは、各地から弟子を集め、弟子たちが記憶していたブッダの教えを語り合い、間違いがあればそれを正して、正しい教法と戒律だけを残すという大集会を開きました。

しかし、その教えも100年ほど時が経つと疑問を抱く人々がでてきます。戒律を破る若い僧たちが登場します。あるとき、年配の僧が彼らの戒律違反を指摘すると、ひとりの賢そうなイケメン僧が言い返します。

戒律ができてすでに100年・・・時代に即して変えるべきだとおもいますが

いやあ、なんか今の社会でそこらじゅうで見るような光景じゃないでしょうかね。この状況に再び危機感を覚えた教団の執行部は、100年前と同じようにふたたび集会を開きますが、若手と長老派の議論は平行線をたどります。そして、長老たちは、

「もう若い者とは一緒に一緒にやっていけない。わしらはわしらの道を行くしかないな」

といって分裂することになるのでした。

 

・・・いかがでしたでしょうか。『まんが大乗仏教』は漫画ならではの誇張&簡略化された表現が多いとは思いますが、教養とエンタメ性に優れ、現代人が読んでも共感するに余りある内容となっています。仏教から生まれた坐禅をより深く知る上でも役立つ気がします。

本作品は全3巻からなっていて、うち2冊はkindle Unlimitedで読めます。私ももう2冊読んでみようかなと思います。

まんが大乗仏教 中国編

まんが大乗仏教 中国編

 
まんが大乗仏教 日本編

まんが大乗仏教 日本編

 

 

 

講演で作務衣を着るメリット・デメリット

先日、メディカルジャーナリズム勉強会が主催する『伝え方サミット』でお話をしてきました。坐禅の話ではなく、お薬の話です。私、ふだんは薬剤師をしていますので。

今回は作務衣を着て、メディア&医療関係者60名程の方々の前でお話させていただきました。作務衣の姿で人前に出たのは初めてです。結論からいうと、作務衣を着てよかったなと。

peatix.com

もともと私は家では99%作務衣姿で過ごしています。ラクだからです。講演するときも、スーツを着て堅苦しくするよりも、できれば作務衣で済ませたいところ。作務衣を着ることにしました。

 

イベント主催者&他の登壇者の方々との事前のウェブ会議も作務衣姿で参加しました。今回のイベントには、最近作務衣に関心があるらしい旧知の高橋秀和さん(薬剤師、通称”作務和さん”)も一緒に参加しました。私が作務衣好きであることを知っている高橋さんですから、

「あっkuriさん、今日は作務衣ですね!うふふ」

と場を盛り上げてくれると思ったら、打ち合わせ中は最後まで私の作務衣には触れることなく・・・・他の方々も私の作務衣姿には一言もふれず・・・・いや、いいんですけどね・・・。

 

 

そんな逆風にもめげずに、本番では作務衣を着ました。イベント終了後の写真がこちら。馴染みすぎて見つけにくいと思いますが、中央でキツネのお面をかぶっているのが私です。

作務衣を着たことで私の中では何一つ不都合はありませんでした(他の参加者の皆様にとってはどうだったかわかりませんが)。

変装用のキツネのお面ともしっくりきていたように思います。

私の作務衣は袖が開いているので、両手を入れることができます。手のやり場に困った時などには袖に両手を入れて腕組みすれば、手をだらしなくプラプラさせることもありません。

作務衣を着こなすことで、心は平穏になり、緊張から解き放たれます(メリット)。

しいていえば、緊張がほぐれすぎて、人前であることを忘れてしまいそうになりました(デメリット)。作務衣に意識が呑みこまれる感覚とでもいいましょうか。お前が作務衣を着ているとき 作務衣もまたお前を着ているのだという表現が合っていると思います。

いずれにしろ、作務衣は講演時の服装に使えることが立証されました。

作務衣こそが最強の外着になる日が来るでしょう。

みんな、作務衣を着ようよ!(アマゾンで買えます)

 

1本の草である「私」

f:id:kuriedits:20190127212448j:plain

年が明けてしばらく寺に行けてなかったのですが、先週の昼間にふらりと寄りました。ちょうど温かい光が差し込んでいたので、ぽかぽかしながら一人坐禅することができました。

去年の末くらいから、坐っているときは自分が1本の草になったイメージを持つようにしています。そこらに生えている、何者でもない、無力で平凡な雑草です。世界の広さと比べれば、なんと小さく、世間の関心から外れた存在か。でも、それこそが自分の人生の姿だと思うのです。自分のちっぽけさを実感できます。

 

人間だれもが草のようなもんだ

生まれて、生きて、枯れるだけ

草が歩いてるようなものだなあ

 

・・・そんなふうに思いながら今年も生きていきます。

よろしくお願いします。

朝夜ほぼ毎日坐る楽しみ

f:id:kuriedits:20181228201218j:plain

年内最後の坐禅に行ってきました。

今日は全国的に今年一番の冷え込みだったそうで、天気は良くても空気はキンキンに冷えていました。境内の廊下があまりに冷たいので、歩いてて足底が痛いのなんの。

でも、坐禅をすると、そこれほど寒くは感じなくなるんです。不思議ですね。体が温かくなるんです。坐るだけで体感温度がこんなに変わるなんて、最初の頃はビックリしました。

こんなふうに、坐禅は自分のカラダのことを教えてくれます。

今年から私は朝と夜にベランダで数分の坐禅をするようになりました。夜は黒(ウサギ)を一緒に出して、遊ばせながら坐ってます。時間も短いですし、ゆるゆるやっているのですが、これもいいかなと思っています。今年読んだ『現代坐禅講義』の影響です。

坐禅は朝夜でほぼ毎日やっています。なるべく規則正しい生活をしようと努めています。そのほうが、勉強や仕事の効率も高まる気がします。なにより楽しいです。

坐禅っておもしろいですね。来年はどんな発見があるのか楽しみです。

本年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

一心不乱に食べるよい方法は・・・?

f:id:kuriedits:20181209215349j:plain

一昨日の坐禅会で老師が禅寺の食事について話しました。ややうろ覚えですがこんな感じです。

「本来、インド発祥の仏教では1日1食。それがこちら(中国や日本)に伝わり、気候が寒いのでいまは1日3食。ただ、夕飯は『薬石(やくせき)』といって残り物をいただく。黙って食べるんです。皆さんは黙って食べたことありますか?一心不乱に食べるんじゃ。そうすると美味しいんですな。食べる時は食べるだけ。他のことはしないんです」

私は食事中はかかさずスマホかパソコンを見ています。食事時に食事だけするなんてもったいない気がして、時短のためにやっているんですけど、どうなんでしょうね。”ながら飯”が当たり前になりすぎて、食事だけしていると落ち着かなくなってしまっています。スマホの誘惑に勝てません。よくないなあと思います。作ってくれた人がいて、その料理でいただく命があるのですから、ちゃんと味わって、楽しんで食事をしたいものです。

でも、どうすれば?

老師の「一心不乱に食べる」という話を聞いて、うちで飼っているウサギを思い浮かべました。エサを与えると目の色を変えて飛びつき、ひたすらモグモグします。あれこそまさに一心不乱。感心します。動物って偉いなあ。私も真似してみよう、ウサギになりきって食事してみようかな。私はウサギになりたい。